水まわりにこだわる

部屋といえば、水まわり……特に賃貸物件は、しっかりと水まわりがどうなっているかを確かめておきましょう。風水的には、悪いことは水に流すというように、悪いものを流す役割を果たしてくれます。ただし、悪いものを流す役割がある分、悪いものを呼び込みやすいデメリットもあります。よく水は霊を呼び込む……なんて話を聞きますね。そのため、水はできるだけ溜めず、すぐに流してしまうのが良いのです。

たとえば、お風呂ですが、浴槽にいつまでも水を溜めておくのは望ましくありません。ずっと水を溜めておくと、さまざまな運気がなくなっていきます。そのため、できれば入浴した後は、すぐにお湯を抜いてしまいましょう。もちろん、経済的なことや手間を考えて、溜めておきたい!という場合はそうするべきですが、面倒くささから溜めるのは、不清潔でもありますから止めたほうがいいでしょう。

また、水洗トイレは常に水がたまっていますから、十分に気をつけなければならないところです。不清潔は厳禁なので、掃除しやすい物件を選び、こまめに掃除を行いましょう。換気を徹底し、汚い場所にさせないことが重要です。

水まわりは、特に清潔にしておきたい場所……これは実用性においてもいえることです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 借り手・売り手も知って得する賃貸物件の良し悪し All Rights Reserved.