シェアという選択肢

賃貸物件を探す上で、あまり一般的とはいえませんが、シェア物件という選択肢もあります。シェアというのは、複数人で同居し、家賃や光熱費を分担する住居方式です。ルームシェアというと、友人同士でシェアするのが一般的ですが、単純にシェアといっても、さまざまな形態があるので、注意が必要です。たとえば、ルームシェアのほかに、シェアハウスというシェア物件もあり、この場合は、完全に同居をするわけではありません。もっとも、どのシェア物件でも家賃が安いことが多いので、コストを抑えるのに適しています。

ルームシェアは、友人、兄弟、会社の同僚とシェアするのが一般的です。しかし、まったくの他人とシェアする場合もあり、その際はお互いにしっかりと条件を確認する必要がありますね。ルームシェアは、住居スタイルのことを指す言葉なので、専用の賃貸物件があるわけではありません。そのため、普通の賃貸物件を利用することになるので、事前の計画が重要です。

シェアハウスは、ハウスの中をシェアし、部屋は別々という物件を指します。そのため、プライベートを守ることも可能で、好きなときに、ほかの住人とコミュケーションを取ることができます。この場合、まったくの他人と関わることも多い分、知らない人と接するのが楽しい方に向いています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 借り手・売り手も知って得する賃貸物件の良し悪し All Rights Reserved.