和室がいい?

賃貸物件に和室があるかないかで、子持ちの家族に適しているかどうかが変わります。賃貸物件は特に和室がないことも珍しくないので、よく考える必要があります。

たとえば、子どもが生まれると洗濯物が増えますが、成長していけば成長していくほど、その量は山のようになっていきます。汗をかいたりすると、1日に何度も着替えたりしますからね。すると、洗濯をするのが大変になりますが、和室があると、洗濯物を置いたり畳んだりするときに便利です。赤ちゃんのおしめを代えるときも、気軽になりますから、育児面での負担が減ると思います。

また、赤ちゃんや子どもにとっても、畳は快適な床です。板よりもやわらかく、尻餅をついたり、転んだりしても、それほど衝撃は強くありません。また、ベッドよりも布団の方が、落下のことを考えると安全です。また、和室のみの物件だと、フローリングつきの物件よりも安めです。

ただし、和室は、フローリングよりも、不衛生になりやすいデメリットがあります。赤ちゃんを不衛生な環境に置いておくと、アレルギーの原因になったりもするので、極力衛生を保つようにしましょう。こまめに掃除をして、ダニなどをわかないようにするといいと思います。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 驚きの快適エコライフができるRC外断熱のことならPOWER HOUSEをおすすめします。小さなエネルギーで室内温度差の少ない室内環境を実現できるので住宅施工をお考えの方はぜひご覧下さい。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 借り手・売り手も知って得する賃貸物件の良し悪し All Rights Reserved.