1階の物件をお望みの方へ

賃貸物件はあまり1階が好まれないというイメージがありますが、子持ちの家族には適しています。何しろ子どもがちょっと大きくなったら、飛び回ったり跳ね回ったり、常に活力的に動き回りますからね。特に男の子はやんちゃなもので、常に力を使いたがりますが、女の子だってかなりのもの……大きな物音を立てることも珍しくありません。しかるのも大切ですが、小さい子どもに他人への迷惑をいきなり教え込むのは難しいものですし、何より子どもとお母さんの負担も大きくなってしまいます。そこで、1階の賃貸物件にすれば、それ以下の階に住んでいる人はいないですし、いくら暴れまわって床を鳴らしても、誰にも迷惑をかけないで済むようになります。そうなれば、お母さんも神経質にならずに、好きに子どもを遊ばせてやることができます。

また、安全性を考えても、1階の物件は優れています。よく子どもが窓から落ちる事件がありますが、自力で窓を開け、よじのぼることもあるほどです。そこまでいくと、いくら部屋が安全になっていても、管理しきれなくなります。1階の物件ならば、もし窓から転落したとしても、それほどの事故にはなりません。ただし、1階の物件でも細心の注意を払う必要があります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 借り手・売り手も知って得する賃貸物件の良し悪し All Rights Reserved.